ペキニーズのトイレのしつけ方はあるポイントがとても大事です。

TOP > 関連ページ > トイレのしつけ方

ペキニーズ専門ナビ

ペキニーズのトイレのしつけ方

ペキニーズのしつけは難しい部類に入ります。

ペキニーズは穏やかで飼いやすい犬として知られていますが、物覚えはそれほどよくはありません。

ですので、トイレのしつけもできるだけ子犬の早い時期から慣れさせておくことが肝心です。

トイレのしつけは、まずペキニーズが用を足しやすい環境を作ることが大切です。

ペキニーズが落ち着きやすい場所に設置したり、いつも飼い主さんがいる場所からさほど遠くない距離に設置することも大切です。

ペットシーツをしっかり敷き、ここですること、と教えながら様子を伺って、周りをきょろきょろしながらしているようであれば、ペキニーズが落ち着かない場所の可能性が高いと言えます。

ペットシーツをたくさん用意して一気に敷き、どの場所で用を足す頻度が高いかを調べながら設置するような方もいます。かなり大掛かりなやり方ではありますが、一番手っ取り早い方法でもあります。

またペットシーツが無い場所で粗相をしても叱るのはよくありません。途中で正しい場所に連れて行ってあげてもいいですし、ここでするのよ、と教えてあげて、次回上手にできたら褒めて上げることを意識することが大切です。

せっかく見当しておいたのに間違っている可能性も大ですし、ペキニーズがその時に叱られると、また振り出しに戻ってしまうのと同じことです。ペキニーズが上手にできたら思いっきり褒めることは鉄則です。これ以上印象付けられる方法はありません。

もし失敗をしてしまったら、その場所を消臭ケアしておくことです。やはりニオイが付いていればまたそこにしてしまう可能性は大です。ペットシーツはできるだけ大きめがいいと思いますが、小型犬ですので徐々に小さくしていっても大丈夫です。

散歩をするたびにトイレもしっかりさせることを習慣にしている方もいますが、これは特に最近はいいことではありません。

他の犬から病気を移される原因にもなります。やはりモラルの問題もありますし、散歩に出るのであれば、できるだけトイレを済ませてから出るのが正解です。

もしあなたが、ペキニーズのトイレのしつけで悩んでいるようでしたら、当サイトでご紹介しているしつけ教材を一度試してみてください。きっと、短期間で言うことを聞くようになるはずです。