ペキニーズをおとなしく留守番させる方法をご紹介しています。

ペキニーズの留守番方法について

ペキニーズの留守番で大切なことは、まず暑さにとても弱いですので、空調をしっかりコントロールしなければなりません。

また例えばアイスジェルなどを冷して与えている方も多いようですが、ペキニーズが噛んでしまうと効果がなかったり、ペットボトルを置いたりしてもはじめは珍しがって噛んでしまいます。

エアコンも必須ですし、エアコンの温度は25度程度に維持し、できれば扇風機やサーキュレーターを使って循環させておくと冷えすぎにならずに効果的です。

ペキニーズにサマーカットをほどこしたり、風通しのよい場所で自然に涼が取れるのもよい方法ですが、都市部ではかなり無理があります。

留守番の基本は、飼い主さんが見えなくなっても大人しくしていること、食事も問題なく摂って、コング等の玩具で遊んで時間を潰すことと言えます。

ですが吠え立てて近所迷惑になってしまったり、ひどい場合はペット可の集合住宅なのに立ち退きを迫られたりもします。このようなことが無いように、ペキニーズを子犬で連れてきたらすぐにしつけを開始することです。

毎日留守にする飼い主さんであれば当然、たまに出て行くような場合も犬はなれていません。まず留守番は無い状態だ、という場合はまだいいですが、このような場合は四六時中一緒に付き合っている状態です。

またべったりくっつかないでしつけとして大切なマナーを教えておくことが大切です。ちょっと買い物にいく、突然犬がいっしょではだめな用事ができることもあると思います。

飼い主さんがいなくなって、ワンワン吠えたら、そのまま帰ってすぐに叱らないようにして、無視しているのが理想です。ペキニーズももなんとなく慣れてきますし、叱ってしまうと飼い主さんの存在が大きくなって、ますます離れられなくなっていきます。

基本はペキニーズが誤解しないように、出掛けても必ず帰ってくる、待っていれば食事もできる、という感じでしつけていくことが大切です。

もしあなたのペキニーズが素直に留守番をしてくれないと悩んでいるようでしたら、当サイトでご紹介しているしつけ教材を実践されることをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

ですので、このしつけ教材を実践すれば、今後は留守番に不安を覚えることはなくなると思います。教材の詳細は下記より確認することが出来ますので、ペキニーズのしつけで困っている方は今すぐチェックしてみてください。