ペキニーズの飼い方のポイントをご紹介しております。

TOP > 関連ページ > 飼い方について

ペキニーズ専門ナビ

ペキニーズの飼い方について

ペキニーズの飼い方ですが、まず環境については室内が適しています。

ペキニーズは毛の量が多く、高温多湿が特に苦手なタイプですので、屋外はどうしても向きません。

特に夏場はクーラーのスイッチを入れ、温度管理、湿度管理にも十分に気をつけて、涼しい環境を作ることが健康維持の基本です。

ペキニーズはマイペースで自由な性格ですから、飼い主さんがあまりかまいすぎるとよくありません。たとえば抱っこしても喜ぶことはありませんし、遊び相手になる程度でも十分です。無駄吠えもなく、動きもゆっくりとしていますので、集合住宅でも飼いやすい犬種です。

子犬の時は遊び好きで走り回ることも多いですが、成犬になるに連れて徐々に運動量が減ってきます。やはり肥満が怖いタイプでもあり、ストレスの発散のためにも散歩は大切です。

散歩から帰ったらブラッシングをして汚れを取り、毛玉を避け、月に1度のペースでトリミングを受け、また夏場は腹部周辺だけでもカットすると過ごしやすくなります。シャンプーも定期的に、月1回程度でもかまいません。あまりやり過ぎないようにすることも秘訣です。

ペキニーズは体格は小さくても決して大人しい犬ではありません。突進したりする攻撃性はなくても、自分が一番だと思い込んだり、リーダーシップを取ろうとする性格を持っています。

ペキニーズを飼う上で、飼い主さんがリーダーであるとしっかり学ばせることが大切ですし、失敗するとしつけも何もなくなってしまいます。できるだけ子犬の時からしつけておくことも大切ですし、遊んでやってばかりいないで、常にリーダーらしく振る舞うことが大切です。

ペキニーズはかわいがられるタイプの普通の犬っぽくなく、またそこのところがポイントであり、好きなところだ、という方も多い犬です。外観もかなり変わっているように見えますし、飼っていて自慢したくなるようなところも多い犬です。

じっくりと我慢強いタイプの方にマッチしているとも言えますし、犬を飼った経験が豊富な方にとっても大きな興味が沸くタイプと言えます。ですが、初めて犬を飼う方はしつけ等にかなり苦労されるかと思います。

もしあなたが、ペキニーズを飼っていて飼い方やしつけ方法に悩んでいるようでしたら、当サイトでご紹介している教材を実践することをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じようにペキニーズの飼い方やしつけ方法で悩んでいた飼い主さん達が、この教材を実践したところ、短期間でとてもお利口なペキニーズにすることができています。

この教材の詳細は下記より確認することができますので、ペキニーズの飼い方やしつけ方法で悩んでいる方は今すぐチェックしてみてください。