ペキニーズの下痢や嘔吐の原因を詳しくお伝えしています。

TOP > 関連ページ > 下痢や嘔吐の原因

ペキニーズ専門ナビ

ペキニーズの下痢や嘔吐の原因

ペキニーズは食欲が旺盛ですので、消化のよいものを与えることが大切です。

ペキニーズが下痢する原因は色々とありますが、食あたり等はまず飼い主さんの責任ですので、しっかり管理することです。


また一過性のものであればよいのですが、下痢をした後も元気がなかったり、運動量も減ったりした場合は、出来るだけ早く獣医さんに診せることが大切です。何か別の病気にかかっている可能性があります。

ペキニーズは運動量が極端に少ない犬種ですので、どこかおかしいのか見当もつかない、とった状況にもなりがちです。何か大きな原因がある場合は下痢も続くと思いますので、動物病院に行く場合はうんちを持っていくと治療のために役立ちます。

下痢の便に血が混ざっている場合は、赤が濃いのであれば直腸、大腸からの出血、褐色系であればそれより上の胃や小腸からの出血が濃厚です。また水溶性のものはウイルス感染もありますので、放置したりせずにすぐに救急病院でも駆け込むことが大切です。

またもちろん食べ過ぎたら吐くこともあります。嘔吐することは下痢と同じくらい多い消化系の症状です。また飼い主さんがどちらもすぐに気付くことですが、やはり嘔吐の場合も吐いたものを病院で検査してもらうと診断が捗ります。

ペキニーズの嘔吐の原因として多いのは、潰瘍や胃腸炎、肝臓疾患、脳疾患などがありますが、激しく痛みを訴えるような場合は胃捻転もあり得ます。ペキニーズは落ち着いた犬ですが、子犬の時期にはお腹が好いてフードを急いで食べたりしないように注意が必要です。

犬で最も多い嘔吐の原因は食べ過ぎ、そして食中毒です。これらはしっかり休養を取ったり、食べたものが悪ければ獣医さんに診てもらうことで落ち着きますが、大きな内臓の病気に絡んでいる場合も増えています。

ペキニーズが血を吐いて、その色が茶色系の場合は要注意です。すぐに対処しないと命を落としかねませんので、専門医にすぐにかかれるように準備しておくことも大切です。