ペキニーズの病気は色々とありますが普段の心掛け次第で十分に防ぐことができます。

ペキニーズの病気について

ペキニーズはその鼻が短いため、鼻の病気が比較的多い犬種です。

たとえば呼吸が苦しくなってしまうのが「鼻腔狹窄」です。マズルが短い犬種によくある病気ですが、鼻だけでは息が足りずに口をあけて呼吸することも多くなります。

鼻の孔が生まれつき狭く、運動をしすぎて呼吸がしずらい状態でも呼吸が不足しがちです。重度になると手術でしか治せませんので、常に運動量を管理したり、散歩でも無理に引っ張らないように注意してください。

また夏場は特に温度調整もこまめにしておくことが大切です。他にペキニーズは被毛が多いため目の病気も多く、「白内障」などにも要注意です。

目を覗いてみて白く濁っているような場合は、視力が悪化していますので、散歩中に障害物が認識できなかったり、ふらふらとよろけてしまうこともあります。

「椎間板ヘルニア」は犬全般にありますが、体重管理をしっかりしないとペキニーズも危険です。背中を触ったときに嫌がったり、後ろ足を引きずるように歩くことがよくあります。

骨と骨の間にある柔らかい組織が障害を起こし、そのまま神経を圧迫することで下肢の神経が侵され、排尿、排便に異常が出たり、麻痺にいたればまず手術は避けられません。

喉については「軟口蓋過長症」、喉の手前側にある上あごの軟口蓋が長い場合、垂れ下がってきて呼吸が早まったり、苦しそうに息をしたりします。

またペキニーズは「皮膚アレルギー」も気をつけるべきです。毛が多いため夏場はよくバリカンで腹のあたりをカットすることがありますが、やはり下手に刈るのは皮膚病の元です。

「アレルギー性の皮膚炎」、「アトピー性皮膚炎」なども多く、特にペキニーズが子犬の時期には要注意です。激しく痒がったり、赤みを帯びてきたりしてすぐに判別できます。遺伝性の場合も多いですが、食事、接触、吸引などの原因も多くなっています。

ペキニーズが病気をしないようにするには、肥満をしないように常にカロリーをコントロールし、室内も常に清潔を心がけておき、ブラッシングをして肌の血行を高めることも欠かさずに、まずは基本をしっかりと実践することが大事になってきます。