ペキニーズの噛み癖はあることをすれば素直にしつけできる方法があります。

TOP > 関連ページ > 噛み癖のしつけ方

ペキニーズ専門ナビ

ペキニーズの噛み癖のしつけ方

ペキニーズのしつけ方は根気が必要です

大人しい性格で飼いやすいといわれるペキニーズですが、実際噛み癖がひどくて困っているという飼い主さんは少なくありません。

また手も傷だらけ、などという場合はしっかりしつけなければ直りません。ペキニーズは闘争心をむき出しで噛んでいるようなことは無くても、やはり癖になると離れなくなることはあります。

犬は歯が生え変わる時期によく噛み癖が出ますが、手や家具などを噛まれるとやはりやっかいですし、そのまま歯が生えてからも癖が直らなくなっては大変です。

ですから、ペキニーズが噛んできたら痛みを教えたり、飼い主さんとして当然のように叱ること、もちろん体罰はいけませんが、悪いことだと教えるためには多少はしょうがないことです。

また撫でたりすると遊び相手になってくれると思って噛んだりもしますが、遊びながら噛まないでも楽しめることを教えたり、逆に噛んだら遊ばないことにして無視するのも効果的です。

撫でたり普段触っていないような部位を触ったときもよく噛みます。このような場合に備えて、普段からスキンシップに慣れさせることも大事です。

どこを触っても噛まず、吠えないようにしないと健康管理も徹底できません。首でも腹でも、どんな体制で触っても慣れさせておくと、タッチしながら骨や皮膚の状態をしっかりチェックできるようになります。

ペキニーズが噛んできたら、叱ったりおやつを取り上げる、玩具を隠すなどして慣れさせていくこと、そしてその中で噛まないような状況が出てきたらしっかり吠めること、の2本柱でしつけていくのが理想です。

大型犬ではよく噛み癖が直らないために歯を切断することがありますが、飼い主さんが安心してしまってしつけが届かなくなる例も多く、また小型犬とはいえ突進しながら噛んだりすると子供などはとくに驚いてしまいます。

近所迷惑などに発展したら散歩にも出られなくなります。やはり普段から噛まないように距離を置いたり、散歩に行く場合も決してリードを放したりしないことが大切です。

もしあなたが、ペキニーズの噛み癖で困っているようでしたら、当サイトでご紹介しているしつけ教材を一度試してみてください。

きっと、このしつけ教材を実践することができれば、短期間で何でも言うことを聞くペキニーズになるはずです。教材の詳細は下記より確認することができますので、ペキニーズのしつけで悩んでいるようであれば、今すぐチェックしてみてください。