ペキニーズの無駄吠えを短時間で止めさせるしつけ方法をご紹介。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えのしつけ方

ペキニーズ専門ナビ

ペキニーズの無駄吠えのしつけ方

ペキニーズはあまり頭が良くありませんのでいくら注意しても無駄です

ペキニーズは吠えない犬種の代表だ、などと言われますがそんなことはありません。ペットショップが売り文句としてオーバーに言っていることも多いですから、安心して飼ってしまって、後々後悔しないように注意が必要です。

ペキニーズに限らず犬であればどんなタイプでも吠えますし、しつけるのが飼い主さんとして大切な役目です。ペキニーズは大きな声で鳴き立てることは少ない犬種ですが、それなりのしつけを子犬のうちからしておくことが大切です。

またペキニーズが吠えるにもそれなりの理由があり、飼い主さんに遊んで欲しかったり、散歩したくなってキャンキャンと鳴く場合は、叱ってもあまり意味がありませんので、素直に要求に答えてあげるのが一番です。

ただし、ペキニーズの留守番のしつけがなっていなくて、分離不安からくるものや、室内にいて呼び鈴が鳴った場合に鳴いてしまうのはやはり慣れていない証拠です。

犬は無駄吠えをしつけられるときにむやみに叱ってもあまり効果はありません。やはり吠えることは不必要と分からせるために、上手に我慢できたら褒めることを基本にするのがコツです。

上手になるためにはご褒美も必要ですし、飼い主さんが大袈裟なくらい褒めて印象付けることが適切です。散歩などでもよく騒ぎますが、他の犬がおとなしくしているところを観察していると、その反応を身に付けることもあります。

社会的な視点から観察させることも効果的です。餌が落ちていても群れの誰も口をつけないのと同じで、出来るだけたくさんの犬が集まる場所に連れて行くのもよい方法です。

まず吠えたらダメ、などと教えたり、口を軽く閉じたりしながらしつけていき、出来るだけ吠えそうな状況をこっちから作ってみたりして、反応を伺いながらじっくり教えていくことが基本です。ペキニーズが子犬のうちから教えないと、後々ショックカラーなどを使うのはやはり可哀相です。

もしあなたのペキニーズが無駄吠えが酷くて困っていると悩んでいるようであれば、当サイトでご紹介しているしつけ教材を一度試すことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

ですので、あなたもこのやり方を真似れば、同じようにペキニーズをいい子なワンちゃんにすることが出来るはずです。しつけ教材の詳細は下記より確認できますので、興味のある方は今すぐチェックしてみてください。