ペキニーズがなりやすいアレルギーをお伝えしております。

TOP > 関連ページ > アレルギーについて

ペキニーズ専門ナビ

ペキニーズのアレルギーについて

ペキニーズは自己主張が強い犬です

ペキニーズは皮膚がデリケートですので、ブラッシングをする時にでも小まめに皮膚の状態をチェックするなど、日常的にケアをしていくことが大切です。

バリカンなどもあまり使用しないようにして、グルーミングもプロにまかせておいたほうが安全です。


よくあるアレルギー性の症状として、ノミやアトピー、フードや接触などが原因となる皮膚炎が考えられます。原因によって症状や治療法も異なってきますが、肌が痒くなることが多く、激しく痒くなると薬剤を塗ったり、始終付き合っていなければならずに大変です。

また湿性の皮膚炎もあります。乾燥した場合も要注意ですが、ペキニーズが子犬の時期は特に多く、脱毛や激しい痒みも特徴です。

また皮膚からフケで大量に出るのが「脂漏性皮膚炎」です。油性になったり、乾性のフケが出てきますが、体質にもよります。

食べ物によるアレルギーは少ないほうですが、体質によってひどくなることがあります。食後短時間で現れることが多く、顔面が特に痒かったり、赤みを帯びて発熱もあり得ます。

また食べ物ですから下痢、嘔吐なども多く、ある程度我慢すれば収まるものの、どの食べ物が悪いのかを的確に見分けておかないと危険ですし、食物アレルギーがアトピーやダニ・ノミアレルギーに発展することも多くなっています。

また接触アレルギーは首輪などでも起こしますし、食器、絨毯、ソファー、シーツなどもよくあるアレルゲンです。脱毛、痒みもあり、赤い発疹がペキニーズにちょっとでも出ているような場合は要注意です。

また衣類や家具、用具、薬剤などでもアレルゲンはありますので、できるだけ早めに特定することが大切です。ペキニーズは全体的に被毛がとても豊富な犬種です。

ですので、日頃シャンプーをしている場合はよく洗い落とすこと、何か特別な道具を使用する場合も説明書をしっかり読むことなど、日常的な注意を欠かさないことが大切です。