ペキニーズ関連のページです。

TOP > 関連ページ

ペキニーズ専門ナビ

関連ページについて


ペキニーズの室内環境について

ペキニーズを飼う場合、まず屋外で飼うのではなく、室内で飼うのが基本です。大人しくて暮らし向きが静かな方が似合うともよく言われます。騒がしくない、スペースもあり、落ち着いた室内で飼ってあげるのが理想です。また広くないと自由に動けませんし、気分屋なところもありますので、ストレスによってやんちゃをしでかすこともあります。

またペキニーズは寒さには強いですが、暑さにはとことん弱い犬種です。やはり室内の温度管理をしっかりコントロールできる方が向いています。温度は25度程度が理想ですし、除湿をしたり循環のよい室内においてあげるのがベストです。

また大人しくても散歩は大切です。日に2回できれば理想ですし、ゆっくりと散歩させてストレスを発散させることです。室内で遊ぶ場合も色々細かい遊び方を教えると喜びますし、肥満を解消させる意味でも場所を十分に与えてあげることです。

また足腰も丈夫ですが、フローリングなどで無理をすると、運動器の病気にかかってしまう恐れがあります。また椎間板ヘルニアも多い病気ですので、麻痺を起こして手術、とならないように、滑りにくい、また物にぶつからないようにクッションなどを設置してあげるのも効果的です。

ペキニーズの病気として、アレルギーについては皮膚が強いほうではありません。フードも要注意ですし、散歩でも拾い食いに要注意ですが、室内でも接触アレルギーに気をつけ、絨毯、食器、犬服などにも注意して皮膚の健康をケアすることも大切になってきます。

お薦めしつけ教材

TVチャンピォン優勝!
森田誠の犬のしつけ法
日本一のカリスマ訓練士!
藤井聡の犬のしつけ法